江ノ電沿線は見どころたくさん!江ノ電に関連する観光スポットご紹介

こんにちは。そらまめです。

湘南の鉄道といえば、江ノ電

車両自体もレトロで素敵ですが、江ノ電の魅力はその沿線の見どころの多さにもあります。

今日は、江ノ電沿線のスポットをいろんな江ノ電の写真と一緒にご紹介したいと思います。


<スポンサードリンク>

人気の江ノ電

江ノ電は湘南の人気エリア、藤沢~鎌倉間を走る鉄道です。

他の路線に乗り換えができるのは、端っこの藤沢駅と鎌倉駅と江の島駅だけ。

人気の路線で乗客数も多いですが、無人駅もあるローカル感のある路線です。

画像引用:江ノ電公式サイト

江の島、稲村ケ崎、由比ヶ浜・・など、その駅やエリアのことを知らなくても名前だけは聞いたことがあるものも多いのではないでしょうか。

サザンの歌にもこのあたりの駅名・地名が多く出てきますね。

どの駅もこじんまりとしていて、どことなくレトロな雰囲気があります。

江ノ電は駅と信号所を除いて他は単線なので、都内の電車のようにせわしなくないのものんびりとした雰囲気で人気なんでしょうね。

前回のこちらの記事でも書きましたが、江ノ電は海沿い住宅地道路といろんなところを走るので、どんどん変わる車窓からの景色も人気の理由の1つかもしれません。

では実際にそれぞれの駅の雰囲気と駅周辺のスポットにはどんなものがあるのか見ていきましょう


<スポンサードリンク>

江ノ電の駅と沿線スポット

そらまめが乗ったのは、江の島~鎌倉まで。

途中で降りて周辺を散歩しながら、駅や観光スポットの写真を撮ってきました。

江ノ島駅

そらまめのスタート地点。江ノ島駅です。

10分くらい歩くと小田急線の「片瀬江ノ島駅」に、

5分くらいで湘南モノレールの「湘南江の島駅」乗り換えができます。

そしてこれが江ノ電の「江ノ島駅」。

混雑する日なので警備員さんが立っています。

駅前の柵はスズメさん付きですが、みんな服を着ていました。

駅は木造です。ぬくもりがあっていいですね。

これはホームから見える分岐器。

電車が入ってきました!

一番古い車両の300形ですね!さっそく電車に乗り込みます。

鎌倉高校前駅

江ノ島駅から2駅先の鎌倉高校前駅

目の前に海が広がる、ロケーション抜群の人気駅です。

海と江ノ電300形。

駅はこんな感じで、すごいこじんまりとした簡素な駅です。

でもホームが海側を向いているので、車窓からの景色はとてもいいです。

これは駅を出たところから撮った写真ですが、目の前に広がる海!最高ですね。

この鎌倉高校前駅、有名なのは景色だけでなく、駅を出てすぐの踏切が実はすごく有名で人気のスポットになっています。

踏切しかない場所なのに、そらまめが行った時も観光客がたくさんいました。

実はここはあの大人気漫画『スラムダンク』のオープニングに出てくる踏切なんですねー!

東映アニメーションの公式youtubeがありました!

江ノ電とこの踏切が出てくるオープニングを是非見てください。

峯ヶ原信号所

鎌倉高校前駅から七里ガ浜方面に線路沿いに少し行ったところに、信号所があります。

江ノ電は単線なので、駅かこういった信号所でないとすれ違いができません。

なのでここは2つの江ノ電が並んだところを見ることができるスポットなのです!

この信号所は峯ヶ原信号所といって、並んだ江ノ電が見られるだけでなく、

発条転轍機(スプリングポイント)の分岐器が見られる場所でもあります。

分岐器の動く様子を動画に撮ってきました↓


こういうのが見られるのも、のんびりした江ノ電ならではですね。


<スポンサードリンク>

稲村ケ崎駅までの線路

稲村ケ崎駅に向かう線路沿いを歩いてみると、途中でこんな場所がでてきます。

え、線路近っ!

簡単に線路内に入れちゃうくらいの距離で、フェンスも何もなし。

線路の反対側に渡りたいときは、こういう横断歩道のような場所がいくつかあるのでそこを渡ります。

でももちろん踏切はなし。

左側に移っている青いライトが信号代わりで、

電車が近づくとこのライトが光りだす(音はなし)ので、それを目印にして渡るしかありません。

真横を通り過ぎる江ノ電は、迫力ありすぎてちょっと怖いです。

こういう場所は他にもあるので、通る時は気を付けましょう。

そして到着した稲村ケ崎駅

これは近くのカフェから撮ったものですが、ここもこじんまりとした駅でした。

極楽寺駅

極楽寺駅は有名な駅ですね。

2019年4月にリニューアルされたばかりですが、変わらずすごく雰囲気のある駅です。

赤い丸ポストがよく似合います。

この極楽寺駅は様々なドラマや映画に使われている有名駅

というより湘南や鎌倉あたりが舞台となっている場合は必ずと言っていいほど登場する人気駅です。

関東の駅100選にも選ばれています。

駅のホームはこんな感じです。片側のみ。

駅の横には小川が流れています。

極楽寺駅すぐのところに、「極楽寺」という小さなお寺もありました。

小さいけれど厳かな雰囲気のお寺なので、参拝する時は静かにしましょう。

極楽洞

極楽寺駅を出発してすぐにあるのが、極楽洞

極楽寺ー長谷間にある、江ノ電唯一のトンネルです。

極楽洞は開業当時からほぼ変わっていないトンネルで、鎌倉市景観重要建築物に認定されている他、

土木遺産にも認定されているとても貴重なトンネルです。

そんな極楽洞に電車が来ました・・!

さっきまで道路のすぐ横を走っていた電車と同じとは思えないですね。

極楽洞×江ノ電、絵になります。




御霊神社と江ノ電

極楽寺の極楽洞を見たら次に向かいますが、途中で有名なスポットに寄り道です。

極楽寺駅~長谷駅間にある御霊神社(ごりょうじんじゃ)

権五郎神社とも呼ばれるこの神社ですが、江ノ電の線路の真ん前にある神社なんです。

奥に神社の鳥居が見えますね。

この踏切を渡らないと神社には行けない、そんな場所にあります。

境内から見た様子。

線路近くの神社はたくさんあるけど、こんなにも近く、線路を超えないと入れない神社は珍しいのではないでしょうか。

住宅地等の狭いエリアを走る江ノ電ならではの光景ですね。

神社にはそこそこ人はいましたが、長谷寺程混雑もしてなく静かな良い場所だったので

鳥居越しの江ノ電も見れるし、是非立ち寄ってみてください。

おわりに

今回はいくつかの江ノ電に関係する代表的なスポットだけをご紹介しましたが、

ここ以外にも江ノ電沿線は本当にたくさんの見どころがあります!

有名どころでも長谷寺や鎌倉の鶴岡八幡、江の島の海・・

そらまめも江ノ電から離れて、こういった観光名所や歴史ある神社仏閣もちゃんと見てきましたよ。

そらまめは江ノ電に乗った区間もあれば、降りて歩いた区間もありました。

江ノ電は、乗って景色を楽しむのも良し!歩いて沿線の雰囲気を楽しむのも良し!

沿線にはお洒落なお店やカフェも多いので(珈琲のお店が多かった印象)、江ノ電を眺めながら休憩したりと、いろんな楽しみ方ができる路線です。

レトロな江ノ電と、歴史あるスポットと、美味しい珈琲

最高の1日が過ごせると思いますよ、是非行ってみてくださいね!


<スポンサードリンク>

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク