SLのD51のDて何?車輪はいくつ?蒸気機関車の形式の違いを説明!現在はH型機関車もあるよ。

こんにちは。そらまめです。

今日はSL(蒸気機関車)形式についてのお話です。

有名なのはデゴイチ(D51)だけど、そもそもDってなに?

他にはどんな形式があるの?など。

蒸気機関車正面のナンバープレートに注目して、それぞれの形式を探っていきます。


<スポンサードリンク>

SLの代名詞D51

SLの形式とは『D51』のようなものを指し、一言でいうと車両の型番のことです。

日本で最も有名なのはデゴイチの愛称で親しまれているD51ですね。

都内の公園には多くのSLが展示保存されていますが、その19箇所にある保存車両のうちの半分がD51なのです。

何故D51がこんなにもたくさん残っていて有名なのかというと、

D51形は日本の機関車で最も多く製造されたタイプで、1936~1950年にかけて1115両ものD51が造られました。

そのため現在でも残されている車両数も多いのでしょうね。

Fun! Fan! SL! SLのしくみと図鑑


<スポンサードリンク>

SLの形式

SLを見ていると、どのSLにも正面に四角いナンバープレートが付いています。

これですね。[D51452]

青梅鉄道博物館のD51452

この数字と記号が何を表しているか、どんな意味があるのかというと、

これは機関車のタイプ型(動軸の数)製造番号、を表しているのです。

D51 452を例に、具体的に見ていきましょう。

型(動軸の数)

まずはD51 452のDにあたる部分です。(画像の赤線)

デゴイチが有名だからSLはみんなD〇〇~と思っている人もいるかもしれませんが、

実は違うんです。

このアルファベットはB~Eまであるんです。

そしてそれぞれのアルファベットが表しているものは、動軸の数です。

動軸とは車輪を取り付けている軸のことです。

B~Eまで型があって、その型によって動軸が何本かが決まっているのです。

動軸が1本の車両はありえないのでA型はありません。

動軸の数
B2
C3
D4
E5

このアルファベットと動軸の関係を知っていれば、

横から見た時の車輪の数で、そのSLがどの型なのかがわかります。

これはD51452なので、車輪が4つありますね。

片側車輪が4つ=動軸が4本なので、D型ということがわかります。

こちらは車輪が5つ!

なのでE型ですね。青梅鉄道博物館にあるE102です。

こちらは車輪が3つ!

なのでC型青梅鉄道公園のC111です。

こちらは珍しいB型青梅鉄道公園の5540

車輪が2つしかありませんね。

型としてはB型はありますが、車両の形式名としてはB〇〇とは呼ばれておらず

このB型も正式な車両形式は5500形となっています。

機関車のタイプ

次にD51 452の51にあたる部分です。(画像の青線)

この51が何かというと、機関車のタイプを表しています。

タイプを表す番号は10~99まであり、番号によって2つの機関車タイプに分けられます。

番号機関車のタイプ
10~49タンク機関車
50~99テンダー機関車

10~49 タンク機関車 :機関車本体に石炭と水を積んでいる機関車

50~99 テンダー機関車:機関車本体の後ろに、石炭と水を積むテンダーを別で連結する形の機関車

つまり燃料をどこに積んでいるかの違いなんですね。

これはD51テンダー車。機関車の後ろにこういう車両がくっついています。

対して、こちらはE10タンク式

後ろにテンダー車はついていません。

写真ではわかりにくいですが・・

テンダー式の機関車は、機関車とは別で石炭と水を積む分

積める容量も大きくなるので、長距離運転用として使われていたそうです。

ちなみにこの数字までを含めたD51が形式なので、

D51形式の次に出来た形式はD52、次はD53・・と採番されてつけられました。




製造番号

最後にD51 452の452にあたる部分です。(画像の緑線)

この番号は単純に製造番号を表しているので、番号が若いほど先に造られた車両ということになります。

例えばこのD51452は、D51形式の車両で452番目に造られたもの

ということになります。

このC111は、C11形式の一番最初に造られた車両ってことですね。

このようにSL正面のナンバープレートは形式や製造番号を表していて、

SLの識別番号として使われていました。

ナンバープレートだけでもその車両の情報が見えてきて、

どんな車両かがわかるのは面白いですね。


<スポンサードリンク>

現在の機関車の形式

『蒸気機関車』は今は日常的に使われる列車ではなくなりました。

でも、『機関車』は今もまだ現役で走っています。

機関車とは、「客車や貨車を引っ張って走る車両」のことだからです。

そらまめ達が普段目にする電車は機関車ではありませんが、

例えば貨物列車なんかの先頭車は機関車ですね。

この今現在使用されている機関車(電気・ディーゼル)でも、SLと同じような形式の付け方になっていますが、

型を表すアルファベットの前に、電気またはディーゼルを表すアルファベットが追加されています。

型は3種類。電気機関車、ディーゼル機関車、ハイブリット機関車の3つです。

それぞれの型は頭文字をとってつけられています。

タイプ
E電気機関車
Dディーゼル機関車
Hハイブリット機関車

電気機関車はElectricの頭文字をとって、E〇 〇〇

ディーゼル機関車はDieselの頭文字Dをとって、D〇 〇〇

電気とディーゼルのハイブリット機関車は、HybridのHが頭について、H〇 〇〇

という形式名になっています。

また、動軸の数で決まる型ですが、

SLは動軸が2~5のB~E型までしかありませんでしたが、

現在の機関車はさらに動力が高いものになっている為、H型(動軸8本)まで出てきています。

これはEH500電気機関車で動軸8本の車両ですね。貨物を引っ張ってます。

ちなみにこの車両の愛称は『ECO-POWER 金太郎』。

今の主力機関車の一つです。

こちらはDE101704

ディーゼル機関車です。動軸は5本。

こちらはEF651104

電気機関車の動軸6本です。

機関車のタイプ

アルファベットの後ろの数字は、SLと同じく機関車のタイプを表しています。

電気機関車の場合は、

直流電気なのか、交流電気なのかによって番号が振り分けられています。

ディーゼル機関車の場合は、

車両の出せる速度によって番号が振り分けられています。

ここは複雑な上、話が長くなってしまうので

また別の機会に書きたいと思います!

(そらまめもまだよくわかってないとは言えない・・)


<スポンサードリンク>

おわりに

SL」や「車両」と一言で言っても、その型も違えば性能、用途も様々です。

今まではただの飾り程度にしか見ていなかったナンバープレートも、

数字やアルファベットから、そのSLがいつ頃、どのような用途で造られたものなのかを知ることができれば、

また違った見方が出来るようになるかもしれませんね。

各地で展示保存されているSLや、観光列車として走っているSLを見かけたら

是非、その正面に掲げられているナンバーにも注目してみてくださいね。

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク