3/16デビューのLaview!西武鉄道の新型特急は大きな窓と丸いボディが特徴的!

こんにちは。そらまめです。

西武鉄道新型特急Laview(ラビュー)がついにデビューしますね。

つるっとしたシルバーの丸いボディが、いままでの列車と一味違う雰囲気のLaview。

先日本稼働に先駆けて、お披露目会&体験乗車会が行われ、もちろんそらまめはそれに行・・けはしませんでしたが、沿線で走るLaviewを見てきました。

その他の西武線車両と合わせてご紹介します!


<スポンサードリンク>

新型特急Laviewとは

2019年3月16日にデビューする西武鉄道の新型特急。

Laview、読み方はラビューです。

インパクト大なシルバーの外観と、大きな窓、黄色い室内が特徴的で、話題になっていましたね。

レッドアローからLaviewへ

西武鉄道の特急と言えば、特急レッドアロー号。

昔から走る、西武線唯一の特急列車です。

N10000系(ニューレッドアローNRA)は1993年に運行開始、その後5000系(初代レッドアロー)に代わって西武線の看板特急として長らく活躍してきました。

このレッドアローの後継車両という位置づけで誕生したのが新型特急Laview。

5000系⇒N10000系の時のようにレッドアローの名前は踏襲せずに、全くの新しい特急車両として作られました。

走る区間はレッドアローと同じく、西武秩父~池袋間です。

Laview名前の由来

Laviewの愛称にはこのような意味が込められているようです。

L:贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間
a:矢(arrow)のような速達性
view:大きな窓から移りゆく眺望(view)

先ほどレッドアローの名前は踏襲されなかったと書きましたが、aの「矢(arrow)」にその名残が感じられますね。

Lのluxury/Living、viewの大きな窓からわかるように、Laview内部はくつろげるリビングのような雰囲気をイメージしているのだそう。

足元まである大きな窓はリビングの掃き出し窓のようで、とても開放感があります。

(そらまめ乗ってないので外から見た感想です・・)

ラビューという響きもLove youみたいでいいですね。


<スポンサードリンク>

内装と外観

Laviewの内装と外観についてですが、見た目は本当インパクト大!

今までの列車にはないタイプの見た目をしています。

最近の列車はみんな丸っこい顔になっていますが、Laviewは群を抜いて丸いです。

誰かが「走る弾丸」と言っていましたが、本当そうですね。

内装は、そらまめは乗ってないので公式サイトの写真を見てみましたが、まっ黄色ですね!

シートも壁もトイレまでも黄色

画像引用:西武鉄道公式サイト

外側がシンプルなシルバーだけど、中身は明るい黄色で、外からもその黄色が見えるので地味な車両に見えません。

外観がかなり特徴的なので、地味とは思いませんけど・・

写真と外から見た感じでは、中の座席もゆったりとした配置になっていて、快適に過ごせそうに見えました。

この黄色が鮮やかなうちに乗りに行ってみたいですね。

料金と停車駅

では、この新型特急Laview、停車駅は何駅で特急料金はいくらなのでしょうか。

停車する駅

【ちちぶ号】 池袋・所沢・入間市・飯能・横瀬・西武秩父

【むさし号】 池袋・所沢・入間市・飯能

走る区間は池袋~西武秩父まで。停車駅は現在の特急停車駅と同じです。

ダイヤ改正も含めて池袋から最初の停車駅所沢まで約19分で行けるようになります(現在の特急では約25分

レッドアロー号と同様にLaviewも全車指定席なのでゆったり目的地まで座っていけますね。

特急料金

Laviewに乗車するのに必要なのは乗車券と特急料金。

その特急料金はこのようになっています。

引用:西武鉄道ニュースリリース

現在のレッドアロー号の特急料金と金額は変わらず、池袋から西武秩父までの特急料金は700円です。

池袋から西武秩父までの乗車券が772円(IC利用)なので、合計で片道1472円になります。


<スポンサードリンク>

Laviewが走っている写真

3/2、3にLaviewのお披露目会と体験乗車会が開催されました。

入場は無料ですが、事前の先着予約が必要だったため、そらまめはお披露目会には行けませんでした。

会場は西武球場前駅でグッズも販売されていたようですね。

お披露目会会場には行けなかったけれど、どうしてもLaviewが見たかったので、

体験乗車が行われる時間に合わせて、西武線の線路まで見に行ってきました。

そして撮ったのがこちら!

きました!

池袋駅に近いところでイベント用の臨時列車なので、かなりノロノロ運転でした。

赤いのは信号機の灯りです。

黄色い室内。窓が本当に大きい。

後ろ姿も丸い

短いですが動画です。

走ってる姿を見てもやっぱり特徴的ですね。

おまけ:他の西武線車両

最後におまけとして、西武線の車両の写真を載せておきます。

30000系スマイルトレイン。

西武のイメージトレインです。

ちょっとぶれていますが、40000系

これはデュアルシート採用で、椅子がロングシートにもなるしクロスシートにもなる車両です。

西武線と言えばこれ!車両全体が黄色のこの車両ですよね。

黄色い電車は9000系と2000系がありますが、これは恐らく新2000系(2000系の後期版)

いや、9000系かな・・?そっくりすぎて判断が難しいです。

これはたぶん2000系の初期型

西武線はあまり普段乗らない路線ですが、こうやってみるとJRやほかの私鉄とも違っていて面白いですね。

Laviewの運行が始まったら、西武線に乗って秩父の方にでもおでかけしようと思います。

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク