京急とモノレール、羽田空港へはどっちが便利?京急の値下げとJR参戦でどうなる空港アクセス!

こんにちは、そらまめです。

ところでみなさんは羽田空港を利用するとき、どうやって空港に行きますか?

車、バス、鉄道、いろいろありますが、鉄道で行く場合は東京モノレール、または京急線を利用することになります。

そらまめがこないだ沖縄に行った時、行きは京急、帰りはモノレールを使いました。

理由はどっちも乗りたかったから。

他の方々はどっちを使うことが多いのでしょうか?

今日は羽田空港への鉄道はどっちがいい?と題してお届けしていきます。


<スポンサードリンク>

羽田空港へ行く交通手段

そもそも羽田空港へはどういう交通手段があるか、を簡単にまとめると

  • 車(タクシー)
  • バス
  • 電車

のどれかだと思います。

徒歩や自転車・・ではさすがに行きませんよね。

今では空港行きの高速バスも充実しているので、大きい荷物の時はバスを使う人も多いかもしれませんが、おそらく多くの人は電車を使うのではないでしょうか。

電車の場合、空港まで直結しているのは2本。

京急線東京モノレールだけ。

JRや地下鉄は空港には繋がっていません。

ただの路線違いではなく京急とモノレールと会社が違うので、乗り心地所要時間金額などにも違いがあります。

どっちに乗るか、好きかは好みの問題ですが、それぞれどんな違いがあるかを見てみましょう。


<スポンサードリンク>

京急とモノレールの違い

京急とモノレール、空港まではどういうルートで走っているかというと

モノレール:浜松町←→羽田空港

京急線  :品川方面←→羽田空港と横浜方面←→羽田空港

となっています。

なので神奈川方面に住んでいる人は、京急線を使う人がほとんどだと思いますが、

東京西部や埼玉方面に住んでいる人は、どちらを使うか悩むところです。

空港までの金額

東京駅発で、羽田空港国内線ターミナルまで行くとします。

金額はすべてsuica、pasmo等のICカード利用の金額です。

東京モノレール

・浜松町→空港第二ビル 483円

京急線

・品川→国内線ターミナル 407円

どちらがいい?

京急とモノレール、乗る駅は違いますが、

東京駅から品川と浜松町では金額は10円程の差しかありません。

東京~品川  165円

東京~浜松町 154円

それを踏まえても、空港まで行くには京急の方が76円安いです。

往復にすると約150円。

ペットボトル1本分くらいの差が出ます。

所要時間

次に空港までの所要時間はどうでしょうか。

東京モノレール

・浜松町→空港第二ビル

快速:約18分

区快:約21分

各停:約26分

京急線

・品川→国内線ターミナル

エアポート快特:約15分

エアポート急行:約24分

どちらがいい?

所要時間は京急の方が3分ほど早いですが、大きな差には感じられません。

またホームから出発ロビーに着くまでは、若干京急の方が遠いので時間がかかる気がします。

ただ京急は電車の種類が多く、間違えて「普通」電車に乗ってしまうと、すごく時間がかかるので注意が必要です。

電車の本数

都内の電車なので、数分待てば来るのでどちらでもさほど不便さは感じないと思いますが、

急いでいる時は、1分1秒も惜しい!

それぞれの時間帯でどれくらいの本数があるのでしょうか。

東京モノレール

【朝7時台】

平日 17本 ⇒すべて各停

休日 13本 ⇒各停7本、区快3本、快速3本

※ただし各停のうち3本は途中で快速に抜かされます

【日中】

平日・休日 15本

※ただし各停は次の快速に抜かされます

京急線

【朝7時台】

平日 8本 ⇒急行5本、快特3本

休日 6本 ⇒急行6本

【日中】

平日・休日 毎時6本快特

どちらがいい?

運転本数は、京急は毎時6本程度に対し、モノレールは10本程度なので、モノレールの方が多いです。

ただ、京急もエアポート快特が10分間隔で来る上に、他の種類も含めれば数分毎に来るので

そこまで不便ではないように思います。


<スポンサードリンク>

結論:どちらがいい?

金額所要時間本数、また停車する駅も京急の方が大きい駅を通っていることから、京急の方が若干優位かな~と思えます。

山手線、京浜東北線のみの浜松町と、新幹線も停まる品川を比べたら、そりゃ品川の方が便利ですよね。

JRの上野東京ラインは品川駅に停まるので、宇都宮・高崎線利用の人も、浜松町より品川を利用したほうが便利ですし。

そらまめは、品川の方が使いやすいので京急派です。

京急の値下げ

しかし、ここで東京モノレールに追い打ちをかける出来事が・・!

京急の運賃が2019年10月1日より値下げとなるニュースが発表されたのです。

もともと、京急空港線の工事にかかった、設備の費用を回収するため、天空橋ー羽田空港をまたがって乗車する場合は運賃に170円が加算されていました

それが、費用回収が順調なため、50円加算に変更になるとのことでした。

つまり120円の値下げ

これはかなり大きな値下げだと思いませんか。

往復で240円安くなるので、乗る方としてはかなりありがたい値下げですよね。

JRの参戦

京急が値下げをすることで、モノレール利用者は減少することが予想されますが、

今後モノレールは何らかのテコ入れをするのでしょうか?

そしてこれは、東京モノレール・京急どちらにも影響することですが、

つい先日JR東日本が空港へ直通するルート(羽田アクセス線)の計画を発表しました

利用者側はどんどん便利になりますが、

空港への交通手段はますます激化しそうな気配がしますね。

そらまめも今後の動きに注目していきたいです。


<スポンサードリンク>

おまけ:京急とモノレールの写真

最後におまけとして、京急と東京モノレールの写真を貼っておきます。

たくさん撮ったので、次の羽田アクセス線の記事でもっとご紹介しようと思います。

京急。赤い電車

京急の国内線ターミナル

モノレール

別の日に撮ったモノレールと工事現場

そらまめは鉄道も好きだけど、飛行機と空港も好きです。

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク