東京の鉄道各社一覧とロゴマークまとめ①カラーに青が多いのは何故?

こんにちは。そらまめです。

東京はたくさんの鉄道会社がありますよね。

一番大きいのはもちろんJRですが、東京メトロ、小田急、西武、京成・・・様々な方面に向かって伸びています。

これまでは各路線の車両のことを書いてきましたが、今日は大元の鉄道会社にフォーカスを当ててみようと思います。

東京を走る鉄道を持っている会社はどれだけあって、その鉄道各社のロゴマークはどんなものか!<第一弾>

知っているようで知らない鉄道小ネタです!


<スポンサードリンク>

東京の鉄道会社一覧

東京の鉄道会社一覧と書いていますが、ここでは「東京を走る路線を持っている鉄道会社」という意味だと思ってください。

東京都に本社がある鉄道会社ではありません。

また登山のケーブルカーは今回除外しています。

リスト

東京都を走る路線を持っている鉄道会社はこちら

  1. JR東日本(東日本旅客鉄道)
  2. 東京メトロ
  3. 西武鉄道
  4. 小田急電鉄
  5. 京王電鉄
  6. 東急電鉄
  7. 京成電鉄
  8. 京急電鉄
  9. 東京モノレール
  10. 多摩都市モノレール(多摩モノレール)
  11. ゆりかもめ
  12. 東京臨海高速鉄道(りんかい線)
  13. 東武鉄道
  14. つくばエクスプレス
  15. 東京都交通局(都営地下鉄)

数駅だけ東京を走る路線を持っているのはこちら

  • JR東海(東海旅客鉄道)
  • 北総鉄道(北総線)
  • 埼玉高速鉄道


<スポンサードリンク>

各鉄道会社のロゴマーク<前半>

全部で18社の鉄道会社が東京を走る路線を持っていますが、数駅だけ東京を走る路線のある3社を除くと15社

東京都内を駆け巡る15の鉄道会社のロゴマークがそれぞれどんなものかを見てみましょう。

並べてみるとなんとなく共通点が見えてきます。

今回は前半7つの鉄道会社のロゴを見ていきます。

後半8社の記事はこちら↓

JR東日本(東日本旅客鉄道)

東京にいてJRの鉄道に乗らないという人はなかなかいないのではないでしょうか。

そらまめもいつも乗っています。

JRといえば旧国鉄。全国6エリアに分かれたJR各社とJR貨物で7つのJRがあります。

JRグループ全体のロゴは黒字のJRですが、今回はJR東日本!

なので緑のJRです。

シンプルだけどわかりやすいJR。カラーは

そらまめもついつい踊ってしまいます。

★JR東日本の記事はこちらもどうぞ

東京メトロ

東京の地下を縦横無尽に走り回る東京メトロ

最近の新型車両導入ラッシュで話題に事欠かない東京メトロ。

15年位前までは営団地下鉄なんて名前でしたね。

東京メトロには9路線あって、それぞれの路線にもカラーが決まっています。

メトロは水色背景に白抜きでMの文字のロゴマークですね。

青系です。

そらまめもメトロの陰からひょっこりしちゃいます。

★東京メトロの記事はこちらもどうぞ

西武鉄道

黄色い鉄道と言えばの西武鉄道!(最近は青い車両が多いですが)

輪っかが二つ繋がったロゴマークですね。

このロゴマークは2007年に新しくなったもので、それ以前は野球ボールのようなマークでした。

今も黄色い車両には野球ボールのようなロゴマークがついていると思います。

水色×青に芽が出ていて、さわやかなロゴマークですね。

これも青系

ついついそらまめも一緒に発芽しちゃいます。

★西武鉄道の記事はこちらもどうぞ

小田急電鉄

小田急といえば、「新宿から箱根へ」のロマンスカーのイメージが強いですが、

下北沢のお洒落エリアや、成城学園前のセレブエリア、箱根や江の島の観光エリアと幅広いジャンルのエリアを通っている路線でもあります。

メビウスの輪のようなこのロゴマークはOの字デザインでしょうか。

このロゴカラーも青系

このロゴのイメージからなのか、そらまめは小田急=青というイメージがあります。

車両も青ライン入っていますしね。

京王電鉄

立ち位置としては小田急と似たり寄ったりな京王電鉄

とてもわかりやすいロゴマークです。

ちょっと斜めになっているのは、スピード感とダイナミズムを表しているようです。

このロゴは平成元年から使われているので、もう30年以上使われているんですね。

Oの字に親近感を覚えるそらまめ。

ネイビーにピンクで、爽やかな青ではなくちょっと落ち着いた青系

車両も同じカラーのラインが入っていますね。

ちなみに京王井の頭線も京王電鉄ですが、車両カラーは全然違います。

★京王線(井の頭線)の記事はこちらもどうぞ

東急電鉄

渋谷から横浜方面に行く東急電鉄

東急といえば、ブランド作りが上手い企業でもありますね。

東横線や田園都市線等の沿線は、街も綺麗で人気が高くブランドシティとなっているところも多いです。

このロゴマーク、パンツマークとも呼ばれているそうで、google検索するとサジェストで「パンツ」と出てきます。

でもパンツの絵は描かないそらまめ、大人です。

お皿を重ねたらすべっちゃったそらまめの図です。

鉄道会社には珍しく赤系のロゴマークですね。

東急グループはみんな同じロゴマークの色違いを使っていて、青系は流通事業緑系は不動産事業となっています。

★東急電鉄の記事はこちらもどうぞ(このあと追加予定)

京成電鉄

千葉方面に向かう京成電鉄

実はそらまめはあまり乗ったことがない京成電鉄。

でも都営浅草線に乗り入れているので、京成線には乗ったことなくても京成車両には乗ったことある人もいるかもしれません。

ロゴマークはなんだか京王電鉄と雰囲気が似ていますね。

青字に赤のワンポイントというのが、何かのセオリーなのでしょうか?

京成のロゴも青系ですね。

実はこの京成、ディズニーランドを運営してるオリエンタルランドの大株主(2019年4月時点22%保有)なので、オリエンタルランドとその関連会社は京成グループなんですね~

ウォルトディズニーとの契約上、KEISEIの文字はどこにも出せないそうなので、知らない人も多そうです。

★京成電鉄の記事はこちらもどうぞ


<スポンサードリンク>

おわりに

今回は前半の鉄道会社7社のロゴマークを見ていきました。

7社中ロゴマークのカラーは緑:1青:5赤:1と圧倒的青系の多さ。

このカラーには何か意味があるのか・・?

続いて残りの8社のロゴマークもご紹介しますので、是非後半もご覧ください!

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク