大人の癒しリゾート!リッツカールトン沖縄。快適なホテルで最高の時間でした

こんにちはそらまめです。

寒い冬もそろそろ終わりに近づいてきましたが、暖かい春はまだもう少し先。

寒いのが苦手なそらまめは、暖かい季節が待ちきれず自ら暖かさを求めて南へ向かいました。

そうです、沖縄に行ってきました。

行ってきたのは2月の頭。まだちょっと肌寒い時期でしたが、1月2月の東京に比べたら暖かくて天国のようでした。

宿泊したホテルは、リッツカールトン沖縄!

このリッツカールトン沖縄がすっごく良かったので、そらまめの旅の記録としてリッツカールトン沖縄宿泊レポを書きたいと思います。


<スポンサードリンク>

リッツカールトン沖縄はどんなホテルか

リッツカールトンはみなさん知っていると思います。

いわゆるラグジュアリーホテル高級ホテルですね。

リッツカールトン沖縄はリッツカールトン日本国内初のリゾートホテルで、敷地内に入ると非日常の空間が広がっています。

元は「喜瀬別邸ホテル&スパ」という別のホテルだったようですが、改修・リブランドされて今のホテルになったようです。

東京にもリッツカールトン東京が六本木にありますね。

そらまめは六本木の方には泊まったことはありませんが、沖縄とはまた全然雰囲気が違った都会的なホテルです。

リッツカールトンブランドの成り立ちなどはオフィシャルサイトを見てください。

ザ・リッツ・カールトン沖縄

立地

リッツカールトン沖縄の立地ですが、名護市なので空港からは離れています。

名護市の海沿いにあり、空港からは沖縄自動車道を使って1時間ちょっとくらいだったかな。

下道を通っても1時間半くらいのようです。

のんびりドライブしながら行けば遠いと感じる程でもないと思います。

有料ですが那覇空港からリッツカールトンまたはその近辺まで行ける空港リムジンバスエアポートシャトルもあるので、車の運転ができなくても大丈夫です。

かねひで喜瀬カントリークラブ(ゴルフ場)がすぐ隣にあるので、地図で見るとゴルフ場の真ん中にホテルがあるような感じですね。

こんにちは。そらまめです。 そらまめ沖縄編!沖縄旅行記その1です。 そらまめ今回の旅ではホエールウォッチングにも参加して...

宿泊料金

宿泊時期や部屋の種類によって変わるので、正確な料金はご自身で確認していただきたいですが、オフィシャルサイトのプランの「エンジョイ沖縄」を見ると

1泊あたり 29,750円~(2連泊以上)

※通常の10%オフ(2019/2時点)

となっています。

なので繁忙期の土日とかでなければ、大体1泊3~4万くらいで宿泊できます。

1泊3~4万であの非日常のリゾート空間を味わえるなら安いものではないかと思います。


<スポンサードリンク>

宿泊レポ

では、さっそく宿泊レポに入りましょう。

そらまめが泊ったのは2泊で、食事は朝のみ。

お部屋はデラックスルーム(一番普通のお部屋)のゴルフコースビューでした。

いい香りのエントランス

大通りからちょっと入って車で5分くらい進むとエントランスが見えます。

いやほんと、ここは日本かと思うくらい

ごみごみしてない大自然!

広い空!

道も広々!

人も全然いない!

ホテルに着く前からテンション上がってしまいました。

夜の門

エントランスに着いたらこれまたテンション上がりまくり。

高級ホテルといえば良い香りがしますが、ここはちょっと甘い感じの良い香りがしました。

どこから香っているのか最後まで分かりませんでしたが、エントランス付近一帯すごい良い香りに包まれています。

水辺の中庭

リッツカールトン沖縄といえばこれ!

中庭というのでしょうか、ホテルはロ(コ?)の字型になっていてその真ん中が水場になっているのです。

もちろん水遊び用ではありません。

オフィシャルサイトによると、ここは『水をたたえた庭』と呼ばれているようで、ただ鑑賞するためだけにとられた、贅沢な空間です。

ホテル内に入って、すぐ目に飛び込んでくるこの光景がとにかく感動でした。

夜はライトアップされて、すごくムード満点です。

ぶれぶれですが、雰囲気だけでも・・

落ち着いた調度品

エントランスにいたシーサー。

シーサーもここではこんなにお洒落。(暗くて見えないかな・・)

天井とかもリゾートっぽい感じです

素敵です


<スポンサードリンク>

広々快適な部屋

そらまめが泊ったのはデラックスルーム。

窓からの景色はゴルフコース、その奥に海が見えます。

入ってすぐ目に飛び込むのはバスルームの大きな窓!

そしてその先のゴルフ場のグリーン!

開放感がすごくてびっくりしました。

ドアがあって、トイレがあって、その先にバスルームなのですが、トイレは両方のドアが開くようになっているので

ドアを開けたらまずバスルームの窓がばーん!という感じで、部屋に入った時のインパクトがすごく良かったです。

シャワールーム。

レインシャワーもありました(使わなかったけど)

お部屋はこんな感じ。家のリビングよりも広いんじゃないか・・

ベッドはちょうどいい硬さ。サイズはダブルベッド×2

快適すぎてここに住みたいと思いました。

アメニティとサービス

5つ星ホテルですから、当然アメニティもよかったです。

お水は1人2本/日が補充されるし、ネスプレッソもありました。

ネスプレッソは石垣島のインターコンチでもあった覚えがあるので、いいホテルには常備されてるんですかね。

ミニバーのお酒。飲んでないけど写真だけ撮った。

kissチョコがあったのでそれは食べました。1袋400円、チェックアウト時に清算です。

あと、感動したのがスリッパ

見てください、この分厚さ。ふかふか!

写真には撮っていませんが、バスルームのアメニティは「贅沢な英国「アスプレイ」のバスアメニティ」だそうです。ハーブのようないい香りがしました。

ボディクリームや男性用のシェービングフォームもちゃんと置いてありましたよ。

真ん中のお菓子はクッキーかと思いきや、ちんすこう。

2日目は紫芋のクッキーが置かれていました。

その他

その他の施設ですが、プール、スパ、ライブラリーなどがありました。

そらまめはホテル内でゆっくりする派ではないのでどれもちらっと見に行っただけで利用はしていませんが、

レビューを見ているとスパがかなり良いみたいですね。

もったいないことした・・行けばよかった・・

ちなみにライブラリーはこんな感じ。

お洒落なカフェか、モデルルームか・・という感じでした。

プールは室内と屋外があって、屋外だけ見に行きましたがほぼ25mで結構大きかったです。

プールは宿泊者は無料で利用できます。

朝食はバイキング形式ですが、どれも美味しいし種類も豊富!

パンの種類が多かったな~と思います。

食べていたらシェフが「〇〇が焼きあがったのでいかがですか?」と出来立てスイーツを持ってきてくれたりと、サービスも満点でした。

その他のスタッフの方もすごく対応が良く、もちろんこれは人によって感じ方は違いますが、サービスも行き届いていると感じました。


<スポンサードリンク>

おわりに

リッツカールトン沖縄は、今まで行ったどのホテルよりもダントツで雰囲気が良かったです。

こんなにもホテル中を写真に撮りたくなるような場所は初めてでした。

雰囲気だけでなくサービルもよく、リッツカールトン沖縄は

すごく雰囲気も良くて静かで落ち着ける大人の癒しリゾート

だなと思いました。

たまたまかもしれませんが、外国人観光客がほとんどいなかったのも落ち着けて良かったです。

気軽に「みんな泊まってみなよ!」と言えるクラスのホテルではありませんが、泊まって損はしないと思います

是非沖縄に行った際の宿泊先の候補にしてみてはどうでしょうか。

本当に快適で素敵なホテルでした。また行きたい!

こんにちは。そらまめです。 今日はちょっと関東から離れて、そらまめ沖縄編をお送りします。 沖縄の鉄道といえばゆいレール。...


<スポンサードリンク>

スポンサーリンク







※当ブログは画像含む全てのコンテンツの無断転載を禁止しております(一部引用は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク